Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展覧会13

今日は、展覧会場の小さいお部屋へ移動します。

中2階っぽいフロアが少しの階段を上がるとあります。
CIMG9835_convert_20110504181345.jpg
ここには、A plum blossom (梅の木)シリーズ を展示しました。
2003年 ニューヨークで発表した作品です。
070401???????????????????+016_convert_20110504183744
午後の昼下がり、間隔を空けてなぜか来て下さる(笑)お客様とひととき談笑します。
もちろん重なっても皆さんお知り合いになれて、それはそれで楽しいのです。
CIMG9738_convert_20110504191735.jpg
正面の絵、ライティングで黄色く写っていますね。
外が暗くなって、スポットの灯りがオレンジだから・・・。

後日、撮影したのがこちら。
IMGP0949_convert_20110504192352.jpg
F3 OIL ON CANVAS
八重の梅が澄み切った空を見上げてる??

この絵は後輩の女性建築家、久米能子(くめよしこ)邸にあります。

      建築設計工場 西宮事務所

久米さん最近まで展示されててさすがに春も過ぎたので、大事に仕舞いましたって 
お茶事のお誘い頂いた時、言っていました。

首の方はもう少し鈍い傷みが残っているのですが、全然動かせなかった時に比べると
良くなりました。
一昨日、整骨院の先生に絵を描いても大丈夫ですよって言って頂けたのでひと安心。
まだ無理は出来ないけど。。。ちょっとづつ。。。

展覧会12

展覧会11では、鳩さんカップルの紹介をしましたが今日はギャラリーの
この4Fフロアにもうひとつのお部屋に通じる階段があるのです。
そちらの紹介に移って行きますね。
CIMG9857_convert_20110220020947.jpg
4Fをひと回りした画面・・・。

CIMG9728_convert_20110220021439.jpg
4Fに入る外ガラスドアが見える奥に・・・。

CIMG9859_convert_20110220024610.jpg
中階段があって、もうひとつ小部屋があり こちらのスペースも含めてのギャラリー会場です。
小さな部屋の方には、ニューヨークに出品した「梅の木」シリーズを展示しています。

CIMG9820_convert_20110220030740.jpg

と、とりあえずこの日は、女子中高短大学の友人が来て過去の展覧会写真の記録を見ています。
この同級生たち、夫婦で来てくれたり旦那様だけ別の日に立ち寄って下さったり。
息子や娘さんまでも。
皆で集まるとプチ同窓会になる感じ
芸術家仲間も大切な友人ですが、思春期を一緒にすごした姉妹の様な友達達もとっても大切で
いつも、どんな絵が出来たかな?って楽しみに訪れてくれます。


この空間だけでも小さなギャラリーと同じぐらいの大きさなので、北野坂ギャラリーは本当に
沢山の絵を見て頂けるすばらしい会場です。

北野坂ギャラリー http://www7.ocn.ne.jp/~kitano/index.html

展覧会11

神戸 北野坂ギャラリー4Fの天井はすごく高くて気持ちいい空間です。
展覧会のシリーズですが、会場も記録していますので今日はそちらの紹介です。

この会場は2つの部屋があり、広いお部屋はすごく天井が高く
もうひとつはほどよい世界観を作れるお部屋です。

CIMG9709_convert_20110127031053.jpg

会場の外にはエレベーターが見えます。
この大きな方のスペースにいる時なんだか上の方でククルル、ククルッって
してるんです。・・・・と、見ると・・・
CIMG9898_convert_20110127033019.jpg

鳩のお客様が (注:鳩さんの後ろはガラスです)
CIMG9896_convert_20110127034608.jpg

ええっ、な、なんにん、いえっ 何羽いるの
CIMG9897_convert_20110127035210.jpg
カップルでしたぁ

雨にも風邪にも当たらない、幸せな空間 
もしかしたら巣も出来そうなスペースもあったり・・・。
会期中、このカップルとすごす毎日動物と共存出来る空間っていいですよね。
しかし~贅沢~安藤忠雄作品だよでも糞害も無くおりこうさんなの。

展覧会10

CIMG9908_convert_20110115004955.jpg

CIMG9712_convert_20110115005127.jpg

CIMG9761_convert_20110115005534.jpg

   純粋な意図  P30  OIL ON CANVAS

カサブランカを生けて、そのまま あるがままを描いたので そんな題をつけました。

展覧会9

     Img0021???F4_convert_20101204003752     Img0020???F4_convert_20101204003559

桔梗 ?・?   F4 OIL ON CANVAS

展覧会8は会場風景でしたが、もうお嫁に行ったこの小品の細かい地肌を見て頂ければ
うれしいです。お色としては上の2点が本物に近いかな。
     CIMG9731_convert_20101204005004.jpg
     

油絵の具と言うのは比較的透明な絵の具なので、うすく掛けると透き通って見えます。
私は何回も重ね塗りをするのですが、下にある色も生かしながらのせる色を選びます。
と、言っても無心で制作していると入れたい色が浮かんで来るんです。
失敗しても上から絵の具をのせるか、拭き取るかいくらでもやり直しが出来るのが良いところ。

     CIMG9732_convert_20101204022037.jpg
     CIMG9735_convert_20101204015224.jpg

やはりライトの当たり具合で写真ではオレンジが強く出ています。
backは本当は茜色なのです。

Appendix

Extra

プロフィール

masayo masuda

Author:masayo masuda
益田 雅代
関西在住の画家 
油絵を中心に
国内で個展、グループ展多数
ニューヨーク、スペインにて出品

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。