Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C313] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C314]

この壷の柄、これが好きなんです!!!
ホント、ステキ!!!
これ本当にこういう壷があったんですか?

あの・・・素朴な質問なんですが、こういうの「何画」っていうんですか?
なんにも知らないので、恥ずかしい質問ですが(汗

[C315]

屋根の形状、明り取りも素敵なギャラリーなんですね。
最上階だけの特権ですね。
そこにmasayoさんの絵が展示されると、相乗効果も生まれるんでしょう。
とても素敵ですよ~。

[C316]

きらりちゃん、この壺、いいでしょう?
わたしも好きです。

「物語の香り(明け方の星々のさざめき)」って題も素敵ですが
この絵の雰囲気、いいですよね。

[C317]

e-167鍵コメさん
お言葉ありがとうございます~。
何かしっかり受け止めました!
これからも、知りたい事、聞きたい事、思った事、言って下さいね!
励みになります。ありがとうございました。

[C320]

e-167きらりさん
この壷は、ロイズ・アンティークス/Lloyd's Antiques のもので、
昔心斎橋そごう店にあってロイズだけ閉店になり格安で売り出していたものです。
と言っても私にしては高かったんですが(笑)この時しか買えないかも的に
買っちゃいました。
もちろん、作品に入れたら面白いとの考えでした。
いいでしょ。私も大好きなんです。

きらりさん!聞かれるのも無理はないのですぅ~(笑)
油絵なんですが、、、この個展の時もあまり当たった人いなかったんです
「う~ん、ボードにアクリル画だね」「いえ、カンバスに油デス。」
「あら、日本画?」        「いえ、油絵デス。」
「えっ、岩絵の具に彫っているの?」「いえ、油絵の具を何度も重ねたらこんなに・」
誰も当たらないのですよ!(絶対ハズされる)
答えは油絵(カンバスに描いている)なのですが、日本画の様にみえるんです。
スペインでは、油絵でこんな描き方あったんかぁ~(ナゼか関西弁?)って
言われたそうです。(私、行ってないのですが)おもしろいですね。

[C321]

e-167tg戸笠さん
そうなんです!。とってもいい空間なのですよ。
小さなテラスもあるのですが、大きくもなく、小さくもなく、テーブル・椅子を
置いて座るとちょうどいい感じで、さすがの建築家さんだと思う空間作りでした。
下の階も同様に素敵なのですが、最上階の良さはここだけ!残念です。
(でも贅沢すぎるスペースですよね)
どこに展示しても自分との勝負なのでしょうが、引き立ててくれるスペースは
貴重ですね。

[C322]

e-167みーさん
この絵はしっかり描いてるから、いいよね。
でも写真にすると、本当によい場所で個展が出来て良かったです。
みーさんに写真も、いっぱい撮ってもらっていたから今回も役立っております。
ありがとうございます。自分では展覧会中はなかなか撮れないから。。。
みーさんと写真家の福本先生のでばっちり記録出来ているよー。

[C323]

あらぁ~
岩絵の具に彫刻って言われたのですか~
写真だと 絵具の量?判らないから そうは思えなかったです。

秋野不矩さんの絵をみたとき、妹が日本画なの~と
驚いていました。
私の頭では秋野不矩=日本画になっていますけど・・
わかりにくいですね、絵を描く作家さんの好みで
画材が分かれるのでしょうかね。

[C324]

私もこの壺とっても好きです☆
雰囲気が良くって 見ているだけで幸せな気分になれます。
私は絵の事は全く分かりませんが、
masayoさんの絵は、心がぽっと温かくなりますね☆

遅くなりましたが、リンクしていただきありがとうございます♪
私も早速貼らせていただきますね。
これからもよろしくお願いします♪
  • 2010-10-08 22:24
  • みぽりん♪
  • URL
  • 編集

[C325]

e-167haniwaさん
そうなんです。色と色の間に溝が少し出来てて(どれもでは無いのですが)
それがどうして出来てるか?(描いてるうちに自然と出来る)
彫ったんじゃないのか?と考えるようです。
3枚目の百合の部分はオレンジが溝になって白が厚めに塗られています。
白を何回も塗ったので厚くなって、オレンジ色の線は沈んでいるんです。
どうも白を彫って下地オレンジを出したみたいに考えるようです。
私にとってはオレンジの細い線が出来るのを試みただけなのですが・・・

もう最近は絵の具と絵柄の境界が無いですよね!自由っていいなぁ~。
私も秋野不矩さん、好きです。
インドの雄大な自然の中で水牛が河を渡っている絵がすごいです。
結局、自分に合う絵画法に出会う事も表現のひとつなんですね。

[C326]

e-167みぽりん♪さん
壷は曲線が女らしくて雰囲気を出しやすいですよね。
他の題材とも組み合わせやすいかと求めましたぁ。
ありがとうございます~、何がしかお伝え出来る作品なら幸いです。
そうね~暗くは無いね!でも深みも無いかも(笑)
どんどん変わるのでしょうけど~。
温かいって言って頂けてうれしいですe-343
リンクありがとうございます。
こちらこそ、宜しくお願いいたしますぅe-343

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masayo6.blog92.fc2.com/tb.php/49-6b002a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

展覧会4

DSCF0044_convert_20101006232246.jpg


     DSCF0043_convert_20101006233214.jpg


CIMG9716_convert_20101007001334.jpg


     CIMG9717_convert_20101006235755.jpg
  
北野坂ギャラリーは、建築家安藤忠雄さんの神戸で7番目に作られた作品(建物)です。
すごくよい空間で展示出来て幸せでした。            2007.3

コメント

[C313] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C314]

この壷の柄、これが好きなんです!!!
ホント、ステキ!!!
これ本当にこういう壷があったんですか?

あの・・・素朴な質問なんですが、こういうの「何画」っていうんですか?
なんにも知らないので、恥ずかしい質問ですが(汗

[C315]

屋根の形状、明り取りも素敵なギャラリーなんですね。
最上階だけの特権ですね。
そこにmasayoさんの絵が展示されると、相乗効果も生まれるんでしょう。
とても素敵ですよ~。

[C316]

きらりちゃん、この壺、いいでしょう?
わたしも好きです。

「物語の香り(明け方の星々のさざめき)」って題も素敵ですが
この絵の雰囲気、いいですよね。

[C317]

e-167鍵コメさん
お言葉ありがとうございます~。
何かしっかり受け止めました!
これからも、知りたい事、聞きたい事、思った事、言って下さいね!
励みになります。ありがとうございました。

[C320]

e-167きらりさん
この壷は、ロイズ・アンティークス/Lloyd's Antiques のもので、
昔心斎橋そごう店にあってロイズだけ閉店になり格安で売り出していたものです。
と言っても私にしては高かったんですが(笑)この時しか買えないかも的に
買っちゃいました。
もちろん、作品に入れたら面白いとの考えでした。
いいでしょ。私も大好きなんです。

きらりさん!聞かれるのも無理はないのですぅ~(笑)
油絵なんですが、、、この個展の時もあまり当たった人いなかったんです
「う~ん、ボードにアクリル画だね」「いえ、カンバスに油デス。」
「あら、日本画?」        「いえ、油絵デス。」
「えっ、岩絵の具に彫っているの?」「いえ、油絵の具を何度も重ねたらこんなに・」
誰も当たらないのですよ!(絶対ハズされる)
答えは油絵(カンバスに描いている)なのですが、日本画の様にみえるんです。
スペインでは、油絵でこんな描き方あったんかぁ~(ナゼか関西弁?)って
言われたそうです。(私、行ってないのですが)おもしろいですね。

[C321]

e-167tg戸笠さん
そうなんです!。とってもいい空間なのですよ。
小さなテラスもあるのですが、大きくもなく、小さくもなく、テーブル・椅子を
置いて座るとちょうどいい感じで、さすがの建築家さんだと思う空間作りでした。
下の階も同様に素敵なのですが、最上階の良さはここだけ!残念です。
(でも贅沢すぎるスペースですよね)
どこに展示しても自分との勝負なのでしょうが、引き立ててくれるスペースは
貴重ですね。

[C322]

e-167みーさん
この絵はしっかり描いてるから、いいよね。
でも写真にすると、本当によい場所で個展が出来て良かったです。
みーさんに写真も、いっぱい撮ってもらっていたから今回も役立っております。
ありがとうございます。自分では展覧会中はなかなか撮れないから。。。
みーさんと写真家の福本先生のでばっちり記録出来ているよー。

[C323]

あらぁ~
岩絵の具に彫刻って言われたのですか~
写真だと 絵具の量?判らないから そうは思えなかったです。

秋野不矩さんの絵をみたとき、妹が日本画なの~と
驚いていました。
私の頭では秋野不矩=日本画になっていますけど・・
わかりにくいですね、絵を描く作家さんの好みで
画材が分かれるのでしょうかね。

[C324]

私もこの壺とっても好きです☆
雰囲気が良くって 見ているだけで幸せな気分になれます。
私は絵の事は全く分かりませんが、
masayoさんの絵は、心がぽっと温かくなりますね☆

遅くなりましたが、リンクしていただきありがとうございます♪
私も早速貼らせていただきますね。
これからもよろしくお願いします♪
  • 2010-10-08 22:24
  • みぽりん♪
  • URL
  • 編集

[C325]

e-167haniwaさん
そうなんです。色と色の間に溝が少し出来てて(どれもでは無いのですが)
それがどうして出来てるか?(描いてるうちに自然と出来る)
彫ったんじゃないのか?と考えるようです。
3枚目の百合の部分はオレンジが溝になって白が厚めに塗られています。
白を何回も塗ったので厚くなって、オレンジ色の線は沈んでいるんです。
どうも白を彫って下地オレンジを出したみたいに考えるようです。
私にとってはオレンジの細い線が出来るのを試みただけなのですが・・・

もう最近は絵の具と絵柄の境界が無いですよね!自由っていいなぁ~。
私も秋野不矩さん、好きです。
インドの雄大な自然の中で水牛が河を渡っている絵がすごいです。
結局、自分に合う絵画法に出会う事も表現のひとつなんですね。

[C326]

e-167みぽりん♪さん
壷は曲線が女らしくて雰囲気を出しやすいですよね。
他の題材とも組み合わせやすいかと求めましたぁ。
ありがとうございます~、何がしかお伝え出来る作品なら幸いです。
そうね~暗くは無いね!でも深みも無いかも(笑)
どんどん変わるのでしょうけど~。
温かいって言って頂けてうれしいですe-343
リンクありがとうございます。
こちらこそ、宜しくお願いいたしますぅe-343

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masayo6.blog92.fc2.com/tb.php/49-6b002a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Extra

プロフィール

masayo masuda

Author:masayo masuda
益田 雅代
関西在住の画家 
油絵を中心に
国内で個展、グループ展多数
ニューヨーク、スペインにて出品

フリーエリア

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。